【 ~メンタリティ漢方~ 】


~メンタリティ漢方~
 「病は気から」との言葉があります。
人間の体は、計り知れないほどの影響を精神面
から受けています。
西洋医学では対処することの出来ない心の問題
である「気」。

最先端の東洋医学にはその「気」をコントロール
する技術が存在します。
・自律神経系の動きをピンポイントで処置する為。
・メンタル部分の影響から発生する不快症状を
 最先端東洋医学の見地から分析し対処する為。

 当店はそういったご相談を「専門的」に行うことで、
沢山の症例、治療ノウハウを積み重ねております。
そして全国の沢山の患者様に喜ばれ、喜びの声を
頂いております。

「精神に作用する合成医薬品」に頼らず、自然の
生薬や漢方、サプリメント類だけを使用して「以前
の調子の良かった頃の状態」に戻って頂きたい、
           それが我々の理念、願いです。

store02.jpg

中村薬局は健康相談、漢方相談薬局として、創業
以来(昭和63年)、地域住民様の健康管理をお手
伝いさせて頂いております。合成医薬品に頼らずに、
副作用の無い保健食品、そして漢方薬、薬草を使っ
た「オーダーメイドの医療」を大切に考えております。
すなわち「個人の体質の違いを重要視した健康管理」
にこだわってきました。その自然で確実な方法で沢山
の方々から支持を頂いております。

現在はインターネットを通じて少しでも全国におられる
「不快症状でお悩みの方」のお役に立てればと願って
電話での健康相談を運営させて頂いております。


「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「東洋医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。


【 どんな人が相談を受けてくれるのですか? 】

【店舗所在地】
〒632-0015 奈良県天理市三島町377-2
天理アーケード街内 電話 0743-62-7768

denway.jpg

 中医学を研究する薬剤師、相談員が
 毎日健康相談を承っております。  
~ プロフィールの一部 ~
1970年 京都薬科大学薬学部卒業。
卒業後、病院内研究室に研究員として勤務。
病院薬剤師として10年間調剤に従事。
そして現在管理薬剤師兼、健康相談員

医薬品販売業許可証番号:第A00553号
管理薬剤師: 中村 陽子


【 どうやって不快な症状を改善するのですか? 】


1、お電話頂きますと、スタッフが現在の症状をお伺いし、
   ご希望の方にはFAXかお電話にて「体質チェック」
   をスタートさせて頂きます。(無料)

2、漢方治療をご希望の場合は専門の相談員が東洋医学的な分析、
  更に現在の状態を考慮して、蓄積した改善例のデータベースを
  参照しながら、「どういった方法が一番の改善策か」を提案さ
  せて頂きます。(無料)
 (その際、商品を無理にお勧めするような事は決してありません)

4、一旦お電話を切らせて頂きますのでご家族とご検討下さい。

    

5、お電話頂きますと、直ちに漢方を準備させて頂きます。
    早ければ翌日には到着しますので素早いケアが可能です。

  

【 どんな薬草?生薬?煎じる必要は? 】


当店でお出ししております薬草類は全て「煎じる」「炊きだす」
必要はありません。現代人のニーズに合わせた「飲みやすさ」
を考えた物となっております。粒や粉などの形状で、皆様にも
なじみのある物がほとんどと思います。
(ケースによってはお湯割りで服用する苦い漢方も使用します。)

お仕事、外出時にも携帯でき、休憩時間にでもサッと飲めます。
↓雑誌等にも結構掲載されています。
denwaz.jpg


【 安全性はどうですか?合わなかった時は? 】


色々な体質の方がおられますので、いくら天然の優しい
薬草といっても「合わない場合」も勿論あります。
例えば、「便が柔らかくなる」などの声もまれに聞きます。

万が一合わなかった場合は、必ず納得頂けるまで、
交換、調節、返品をさせて頂いております。
こだわりのアフターフォローにも自信が有ります。

安全性につきましては、当店の取り扱い製品はすべて
日本政府「厚生労働省認可」のものだけとなっております。
「個人輸入」や「無認可」の物は一切お取り扱い致してお
りません。薬局の世界は非常にきびしい制度があります。

また現代漢方医学「中医学」として雑誌にもよく取り
上げられております。 

(例 オレンジページ )
denwam.jpg


自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

【 メンタリティ漢方 】


どうして「メンタリティ漢方」が必要なのでしょうか?

確かに最近よく言われる「ストレス社会」の問題が
あります。
仕事、家庭、友達の付き合い等、ストレスはあらゆる
所に潜んでいます。 常に待ち伏せしています。
しかし「避けて通れないストレス」の正体は、「自分の
感情や思考の問題であり、考え方ひとつでストレス
では無くなる」という考え方があります。
なるほど、確かにそうですね。「気の持ちよう」とも言
えますね。

でも本当に悩んでおられる方の脳のメカニズムに、
はたしてそういった理屈が通用するのでしょうか?
その「心理的に不快な状況」をストレスと感じさせな
い事はまず難しいでしょう。
言い方を変えれば「微かな不快な状況が、脳の中で
増幅しやすい状態」だからストレスを感じて困っている
のではないでしょうか。
さらに本当にお悩みの方のほとんどが、「意識の中
にだけ存在するはずのストレスが、内分泌系のバラン
スの崩れが手伝って、不快症状として前面に出てくる」
という部分です。
簡単に言えば「元気な方はストレスで不快症状は出ない」
という事です。
 本来、人間は自然治癒力をそなえております。
しっかりとしたホルモン分泌や脳の動きが「ストレス」
から体を守る事のできるメカニズムをもっているはずです。
しかし近年は人間の体に変化がおきているはずです。
本来、日本人であれば「日本の風土に応じた生活」で
バランスを保てるでしょう。
だってそうやって何千年もかかって風土に合うように進化
してきたはずです。
それが急速な物流の進化から、「他の民族の生活や食
物」を取り入れ始めたわけです。徐々にといっても人類の
歴史にくらべると急激な変化です。
基本的に農耕民族であるはずの日本人が企業戦士とし
て走り回り、薬品で生産性を極限まで高めた不自然な肉
の牛丼を食べて、梅雨時期にクーラー、除湿をいれて生
活し、日本酒では無く、ビールや発泡酒。。
自然界には存在しないLED光や小さなディスプレイにて
目の神経を酷使し続ける。
  そんな習慣では自律神経系や内分泌系はたまりません。
急激な西洋化、近代化の波に人間はさらされています。

漢方薬とは東洋のエネルギーです。日本よりもっと東洋
寄りです。
日本人の異常なほどの「西洋化」による歪みを、東洋の
食物、植物が補正するわけです。
その部分をしっかりと理解して合わせれば、例えば10数
年かかって起きた「歪み」を数週間で補正できます。
それがメンタリティ漢方です。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP