コレステロールを下げることについての問題点と弊害について

【 下げることによる問題点として 】



コレステロールって悪者の代名詞のようによ
く言われてますね。
「動脈硬化、心臓病の原因。」とか。
でもそんなに言うほど悪者ではないんですよ。。
赤ちゃんが最初に飲む母乳にはコレステロール
はたっぷり含まれてますし、大人でも体の中にあ
る大事なホルモンの原料なんです。
また血管が破れるのを防いだりその他イロイロ、
、体の原料って感じですね。
しかし更年期以降の女性はホルモン分泌の関
係から高コレステロールへと。
女性ホルモンが原因ですので食事療法での対
策が効果出にくく、厄介です。。

《多いほうがいいの?》

欧米なんていった心筋梗塞のすっごい多い国
ではたしかに低くしたほうが心臓病からの死因
は減るのですが。
日本人の体質ではあんまり下げすぎると、
ガン、脳出血などの死亡率が増えるなんてよく
言われます。
しかし・・血液検査で高いなんて言われたら確
かに気になるもんですね。

ここではっきり言っておきたい事は

「コレステロールを下げるお薬にかかる医療
費は年間3300億円もかかっている!」

って事なんです。鋭い方はもう分かりますよね。
薬業界だって商売、病院だって同じです。


《弊害、薬害多い?》


しかもメバ○チンなどの高脂血症のお薬、、
副作用も横綱級。肝障害、腎機能障害、
横紋筋融解症などなど、、
「本当に私、飲まなきゃいけないの?」って人が
沢山います。
私がここでそんな事言っても説得力に欠けます
ね・・しかし個人的にも自分の家族には飲ました
くないって思います。
でも一般の方々がそんな事言ってられないです
ね。
病院の医師に「飲みなさい」って言われたら薬
飲んで下げないと不安になるのはモチロンだと
思います。
しかし正しい情報をしっかり理解して本当に強
いお薬を服用してまで下げる必要はあるのかど
うか、ご自身で見極める事が、自分の体を守る
事につながります。
現在服用中の方は下のような本が参考になる
と思います。

ldl.gif
 「薬のチェックは命のチェック」発行:医薬ビジランスセンター
  (NPOJIP)特定非営利活動法人
  さすが非営利法人さんです、、  一般消費者、患者さんの身になって
  本当に健康の事を考ている医療関係者が書いおられます。
  内容もハイレベルで、国際的な水準で書かれています。


《どうやって高脂血漿を管理する?》


コレステロールが高い場合には必ず理由、原因
が有ります。食事減らして運動増やして、卵食
べなくても高い人は高いです。
近所のおばちゃんに「卵一切食べずに、毎日
お水2リットルのみなされ」って言われたのを真
に受けて実行してもやはり下がらないもんです。
高コレステロール対策とは言いがたいです。。
もしも私が総コレステロールが300以上あって、
心臓病、又その遺伝が無いって環境であれば
自分の体質に合った保健薬を飲んで調節します。
原因をちゃんと把握すれば下がるもんです。   


《簡単に調節できる?》


いきなり強いお薬を使う前に、必ず病院では食
事療法を指導するはずです。
そこでむやみに「お肉減らした」とか「大好きな
ウニやめた」とかする前に、自分の高コレステ
ロール血漿の原因を把握して、対策として自分
に体質にしっかり合った補助食品を使用し、
必要ならば、効果的な運動と組み合わせれば
ほとんどの方は下がります。
強いお薬が必要ない人はたっくさん出てきます。
べらぼうな医療費も抑える事が出来ます。
もし周りに専門家がいなくて相談できない方は、
お気軽に電話健康相談に電話くださ~い^^



【 弊害なく下げる為に  】


K・O様 47歳 

お悩み 高コレステロール 便秘

 会社の検診で、総コレステロール値が277
と高いことがわかり、動脈硬化指数も高いと言
われ、不安になりご来店。
 
 お酒もタバコも大好きで止められないが、い
つも頭がおさえつけられたような感じがする。
 肩こり、目の疲れもあり、常に足がだるいと
いった状態。疲れが溜まると、よく足がつると
のこと。便秘がちでトイレの後も残便感有り。

 快便セットと、コレステロールを下げる
保健食品を組み合わせて服用してもらうようにした。


 冗談のお好きなとても楽しい方だが、反面、
神経質なとこもあるようで、高コレステロール
のことをかなり気にされていています。
これを機会に大好きなタバコもきっぱり止めた
とのこと。

 3ヶ月後の検診では、総コレステロール値も
208と下がり、当初あった頭のしめつけ感や、
肩こり、足のだるさといった症状も改善された
と、喜んで報告してくださいました。
医師にもこれなら「高コレステロールのお薬は
飲まなくてもいい」と言われ、本当にご安心さ
れた様子でした。
そして毎朝の「たっぷりの大便」を見ることが
楽しみとの事。「便秘の改善が嬉しいです」と
お話頂きました。

 今は、コレステロール値が上がらないように
、内臓機能を強くし、脂質代謝を良くし、動脈
硬化を予防するための生薬を継続していただい
てます。今では、会社内で同僚の方に健康につ
いて熱く語っておられるそうです。

コレステロールを下げる保健食品(1ヶ月分)22,596円

    安定後の保健食品(1ヶ月分)12.600円

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP