繰り返す膀胱炎について

【 どうして慢性化するのでしょうか? 】


 ここ数年、40歳以上の女性の方から
「膀胱炎を繰り返して困っている」
という相談が後を絶ちません。。

 この症状ほど「現代医学」の弱点を
露骨にあらわしている症状は無いのでは
ないかと思います。

 皆様ご存知のように「膀胱炎」とは
細菌が尿道から進入してしまい、尿を溜
めておく「膀胱」で繁殖してしまいます。
急性細菌性膀胱炎とよばれるごく普通の
膀胱炎です。

 治療方法は病院で「抗生物質」などの
菌をやっつけるお薬を処方され服用し、
ほとんどの方は3~4日で治療完了。

これで終われば良いのですが、問題はこの
症状を頻繁に繰り返してしまうことです。

抗生物質→治る→また膀胱炎→抗生物質→治る

「ああ直ぐに治るんだ」と安心するのも
つかのま、飲んだら治るので病院でまた
もらうと繰り返すうちに、「2週間おきに
発生する」状況になるケースもあります。

 最後は「膀胱炎が怖くて旅行にも行け
ません」と相談を受けます。
 
 原因となる菌は大腸菌やブドウ球菌と
いったごく普通の「どこにでも存在する菌」
なのに、「自身が不潔にしているからだ、」
と勘違いされている方も多く思います。

 繰り返し発生するうちについつい不安に
なってしまい、必要以上に身体を洗ったり、
下着を殺菌したりと過敏な対応になります。
 でも状況は変わらないので更にあせってし
まう。その緊張が免疫系を邪魔してしまい、
さらなる細菌繁殖を助けてしまうという悪
循環になっているケース。

 またこの状態の方に共通していることは
女性ホルモンのちょっとしたアンバランス
が自律神経の疲労という面から免疫系にも
ダメージを与え始めていることも特徴だと
考えられます。
 不思議なのですが「繰り返す膀胱炎」と
女性ホルモンの微妙なバランスを考えずし
て完治は難しいという現実があります。

とにかく「抗生物質」は万能ではなく、
「だんだんと効かなくなってしまう」という
事は受け止めていくしかありません。
  それは 「耐性菌問題」としてよく新聞にも
載っていますが、次の世代の為にも乱用は
さけたいものです。

「抗生物質に頼らずに自分の力で治す」
 そういった習慣や思考がこれから将来、
様々な病気や症状の予防につながります。
例えば頻尿や間質性膀胱炎、不眠、高血圧や
ドライアイなんかにもつながっています。
「根本的に解決したい。二度と膀胱炎になりたくない」
そうお考えの方はお気軽にお電話下さい。

【 血尿と慢性膀胱炎 】


よろこびの声頂いてます
 

70代 女性 慢性膀胱炎 血尿

 昔から肩こりがひどく、顔はのぼせるの
に足は冷えて悩んでいました。
いつからか疲れると膀胱炎になりやすくな
り、その度に病院で抗生物質を飲んでおさ
えるという事を、1年間も繰り返してきまし
た。
今年の6月に、病院で尿検査をすると、
「潜血がおりている」と言われましたが、
お薬は出ずにそのまま様子を見る事にな
りました。
ある時、排尿痛を伴う赤い尿が出たので、
いつものように病院から出る抗生物質を飲
んでいました。
しかし、1週間飲んでも残尿感が消えず痛
みもすっきりしませんでした。
漢方相談をすると、膀胱の炎症、感染症に
効く漢方が出ました。
漢方薬と抗生物質とを一緒に飲み始めて
2~3日で排尿痛が消え、尿もすっきり出
るようになりました。
気持ちいいほど尿がすっきり出て、漢方が
無くなる頃には膀胱炎も治りました。
あとで相談員さんが膀胱炎になりやすい
原因を色々と教えて下さいました。
その後の1ヶ月は膀胱炎を予防し、潜血を
止めるための漢方を服用しました。
潜血は現在も少しは有りますが、尿の色
が赤くなるほどの事は一度も有りません。
最近では抗生物質を飲まなくても膀胱炎
は出ず、胃の調子も快適です。
もともと喘息を持っており、更年期頃からま
た発作が出はじめていたのですが
漢方薬を飲み始めてから発作の回数も減
り驚いています。    
        
        1ヶ月分のコスト
     膀胱炎発生時 6000円   
      
     血尿、慢性膀胱炎への対応
              18400円  
     
    現在は 予防の為
    少量の漢方だけ継続中 
               4660円


【 不快感 残尿感 】


A・K様 女性  

お悩み 残尿感~

 一年間、膀胱炎を繰り返し、痛み、残尿感、
不快感に悩まされる。
抗生物質と、尿の出が悪いので、利尿剤を服用
するが、だんだんきかなくなってきたとのこと。
 
 高血圧もあるので、降圧剤も服用しているが
、耳鳴り、便秘、疲れが溜まると眼精疲労もひ
どくなる。 膀胱炎の痛み、不快感から、不眠
になり、睡眠薬を飲まないと寝付けない、とお
困りの御様子でした。

 自律神経の疲れを和らげる漢方薬と、膀胱の
粘膜を強くする漢方薬、身体に溜まっている老
廃物を排出し、炎症を抑える漢方薬を処方し、
服用していただくようにしました。

 ボランティア活動に熱心で、いつも外を飛び
回ってる方ですが、忙しい中でも漢方をきちん
と飲んで下さり、一週間ほどで痛みと残尿感が
緩和され、眠りも深くなり、疲れも徐々にとれ
てきたので、利尿剤は止めてみることにしたと
のこと。
  
 服用後、3週間目からは、睡眠薬、利尿剤を
服用しなくても、とても調子が良いと喜んでお
られました。

痛み、不快感がなくなり、不眠が改善されたこ
とで良い結果につながったのでしょう。

 現在は、以前よりももっと熱心にボランティ
ア活動に取り組まれ、血圧が上がらない為にも
、健康維持の目的で漢方をご継続中です。


        
       膀胱炎治療 6.735円(2週間)
       健康維持  17.365円(1ヶ月)

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP