尿漏れ解消の秘訣について

【 尿漏れ対策 】



「最近、咳をした瞬間に尿が少し漏れます・・」

女性の方からの相談が多い症状です。
その数約1600万人以上。
女性の約4人に1人の割合ともいわれます、
30歳代でも23%、40歳代で3人に1人の割合。
しかも近年増加傾向に有ります。

その「尿漏れ」の内の90%が
1、腹圧性尿失禁
2、切迫性尿失禁
3、溢流性尿失禁   で占められます。

《尿漏れの原因は?》

原因の大部分は運動不足、肥満、出産などで
尿道を締める筋肉が弱ってしまった状態。
また膀胱が小さかったり、冷え性によって
膀胱の筋肉が緊張していたり、、

その他薬剤が原因の場合など人それぞれ
 に色々な原因があります。

と、この様にインターネットや雑誌などには
「尿漏れの原因」が並べられているのですが、
 実際治療をする為には色々と工夫が必要です。
 単一の医薬品や健康食品でちょちょっと簡単に
 治るほど甘くはありません。

《効率よく》

まず「骨盤底筋体操」が良いのですが
※詳しくはこちら「骨盤底筋体操

一日に何度も繰り返さなければならないのと、
効果が出るまでには時間、忍耐、努力が必要
になってきます。
効果が出るのに時間がかかる為、なかなか
完治するまで継続出来ない方が多いのが実
際のところでしょうか。

やはり自分の尿漏れ原因をしっかり調べて
体操と同時進行で根本的な解決策を考える
ことが重要です。
原因とは、膀胱の筋肉なのか、尿道括約筋
なのか、冷え性からか、感染症は無いのか、
薬剤で筋肉にトラブルが発生していないか。。

そしてしっかり合わせた漢方薬などで
体質をコントロールしながら
しっかりと「骨盤底筋体操」をする

それが
●尿漏れ
●尿失禁
 を改善する為の一番の近道だと思います。


原因を調べてスピーディーに治したい
とお考えの方、 お気軽にお電話くださいね^^

【 セキをすると尿が漏れる 】


よろこびの声頂いてます

36歳 女性 会社員
お悩み、  咳をすると尿が漏れる

3年前に2人目の子供を産み、最近、仕事
に復帰し始めました。仕事場はすごく足元
が冷えて以前から冷えで悩んでいたので
すが、復帰し始めてからは一段と冷えたよ
うに感じます。私は特に冬場になると風邪
をひきます。例年通り、風邪をこじらして
「咳」で悩んでいました。
人には言えないのですがその「咳」がや
っかいでした。咳をするたびに微妙に尿が
漏れるのです。あと重い書類を持つとき
に。瞬間的に力が入ります。その時も内心
ヒヤヒヤしながら持つ、そんな悩みです。
普段は注意していれば漏れないのです
が、風邪の季節は仕事に行く気もしません
でした。
そしてインターネットでの検索で「尿のペー
ジ」を見つけて相談しました。
カボチャの種の事は友人から聞いていた
のですが、漢方薬は初めて経験です。
薬剤師さんのお勧め通り「骨盤低筋体操」もしっ
かりしました。でも仕事で時間があまり無
かったので、サボリぎみでした 笑
10日目ぐらいでしょうか、冷えがあまり気
にならなくなったように思います。それだけ
でもうれしかったですね。
尿漏れはいつ治ったのかも忘れました、うーん
知らないうちに「ナプキン」が濡れちゃう事
が無くなりましたね。
現在は保健食品と体操は中止して 笑
漢方薬だけ冷え性の為にのんでます。
仕事も問題なく出勤してますね。
        
  1ヶ月分のコスト
   保健薬と漢方薬で 17280円    

   現在は 冷え性の漢方薬だけ継続 
                4660円

【 骨盤底筋体操の方法 】



●咳をした瞬間に尿がもれる
●力を入れると尿が漏れる

そんな方は「骨盤底筋体操」が初めの第一歩。
正しい方法で、毎日無理なく続けて下さい^^

【4種類の姿勢で、まずは10回づつ】

① 机にもたれた姿勢で 骨盤底筋体操
 
 〈1〉 机の前で少し足を広げて立つ。
 〈2〉 両手を肩幅に広げて机につき、
    体重を腕にかけるようにする。 
 〈3〉 背筋を伸ばし、顔はまっすぐ前を向き
    肩と、おなかの力を抜く。
 〈4〉 肛門と尿道を10秒ぐらい「ギュー」と締める。
    息を吸いながら「肛門を胃のほうに吸い上げる」
    イメージで。 そして30秒リラックス。
 〈5〉 次に同じように「肛門、尿道を締める」動作を
    速いテンポで、キュッ!(締め) パッ!(緩め)  
 
   kotu4.gif
家事などの途中に流し台などでも。


② イスに座った姿勢で 骨盤底筋体操
 
 〈1〉 背筋を伸ばして座り、顔は前を向く。
 〈2〉 床につけた両足は肩幅に開き
    肩の力を抜き、おなかに力が入らないように。 
 〈3〉 「机にもたれた姿勢」の〈4〉〈5〉と同じように
    キュッ!(締め) パッ!(緩め)を繰り返す。
  
kotu3.gifテレビ見ながら、読書しながら、電車の中でも

③ 仰向けの姿勢で 骨盤底筋体操
 
 〈1〉 仰向けに寝て、足を開きヒザを少し立てる。
    ※ヒザの間はこぶし一個分開ける
 〈2〉 「机にもたれた姿勢」の〈4〉〈5〉と同じように
    キュッ!(締め) パッ!(緩め)を繰り返す。

kotu1.gif朝起きたときや寝る前、お布団で


④ ヒジを立てた四つんばいの姿勢で骨盤底筋体操
 
 〈1〉 四つんばいの姿勢でヒジを立て、頭にのせる。
    ※ヒジが痛くならないようにクッションをひく。
 〈2〉 「机にもたれた姿勢」の〈4〉〈5〉と同じように
    キュッ!(締め) パッ!(緩め)を繰り返す。
  
kotu2.gif
朝晩の布団の中。新聞を読みながら。 
  

姿勢をかえて、一日何セットかづつ行って下さい。
慣れてきたら回数を増やしながら
マイペースで続けて下さい。無理しないで。。
(骨が弱い、持病が有る方は医師に相談してからに)
 
効果が出るまでには時間、忍耐、努力
が必要になってきます。
早く効果を出したい方は、原因をしっかり調べて
体操と漢方薬の同時進行を行って下さい。

原因とは、膀胱の筋肉なのか、尿道括約筋
なのか、冷え性からか、感染症は無いのか、
薬剤で筋肉にトラブルを起こしていないかなどなど。

 原因を調べて漢方薬を飲んでみようと
お考えの方、 お気軽にお電話くださいね。

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP