尿のトラブルでお悩みの方に「骨盤底筋体操の方法」


●咳をした瞬間に尿がもれる
●力を入れると尿が漏れる

そんな方は「骨盤底筋体操」が初めの第一歩。
正しい方法で、毎日無理なく続けて下さい^^

【4種類の姿勢で、まずは10回づつ】

① 机にもたれた姿勢で 骨盤底筋体操
 
 〈1〉 机の前で少し足を広げて立つ。
 〈2〉 両手を肩幅に広げて机につき、
    体重を腕にかけるようにする。 
 〈3〉 背筋を伸ばし、顔はまっすぐ前を向き
    肩と、おなかの力を抜く。
 〈4〉 肛門と尿道を10秒ぐらい「ギュー」と締める。
    息を吸いながら「肛門を胃のほうに吸い上げる」
    イメージで。 そして30秒リラックス。
 〈5〉 次に同じように「肛門、尿道を締める」動作を
    速いテンポで、キュッ!(締め) パッ!(緩め)  
 
   kotu4.gif
家事などの途中に流し台などでも。


② イスに座った姿勢で 骨盤底筋体操
 
 〈1〉 背筋を伸ばして座り、顔は前を向く。
 〈2〉 床につけた両足は肩幅に開き
    肩の力を抜き、おなかに力が入らないように。 
 〈3〉 「机にもたれた姿勢」の〈4〉〈5〉と同じように
    キュッ!(締め) パッ!(緩め)を繰り返す。
  
kotu3.gifテレビ見ながら、読書しながら、電車の中でも

③ 仰向けの姿勢で 骨盤底筋体操
 
 〈1〉 仰向けに寝て、足を開きヒザを少し立てる。
    ※ヒザの間はこぶし一個分開ける
 〈2〉 「机にもたれた姿勢」の〈4〉〈5〉と同じように
    キュッ!(締め) パッ!(緩め)を繰り返す。

kotu1.gif朝起きたときや寝る前、お布団で


④ ヒジを立てた四つんばいの姿勢で骨盤底筋体操
 
 〈1〉 四つんばいの姿勢でヒジを立て、頭にのせる。
    ※ヒジが痛くならないようにクッションをひく。
 〈2〉 「机にもたれた姿勢」の〈4〉〈5〉と同じように
    キュッ!(締め) パッ!(緩め)を繰り返す。
  
kotu2.gif
朝晩の布団の中。新聞を読みながら。 
  

姿勢をかえて、一日何セットかづつ行って下さい。
慣れてきたら回数を増やしながら
マイペースで続けて下さい。無理しないで。。
(骨が弱い、持病が有る方は医師に相談してからに)
 
効果が出るまでには時間、忍耐、努力
が必要になってきます。
早く効果を出したい方は、原因をしっかり調べて
体操と漢方薬の同時進行を行って下さい。

原因とは、膀胱の筋肉なのか、尿道括約筋
なのか、冷え性からか、感染症は無いのか、
薬剤で筋肉にトラブルを起こしていないかなどなど。

 原因を調べて漢方薬を飲んでみようと
お考えの方、 お気軽にお電話くださいね。

尿失禁の対策と解消法はこちらです。
その他沢山の方々にお喜び頂いております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP