夜間多尿解消の秘訣について

【 夜尿対策 】



夜、尿意のたびにおトイレに・・
寒い時期は特にイヤですね^^
回数が多い事、夜間多尿と言います。
せっかくお布団で暖まってるのに
「私の睡眠返して~~」って感じです。
でもお布団の中で済ますわけにはいきまん。
いっその事、枕元に 子供の頃使った
アヒルのオマルを置こうかと悩んでみたり。

《昔は無かったのに・・》

夜中に何度も目覚めてオシッコに行く・・
ホントツライですね。
昔はそんな事無かったのに、
なぜそうなったのでしょう?
前立腺肥大?冷え性?
寝る前に水を飲むから?

答えは簡単、「昼間の尿を作る量」と
「膀胱の筋肉」の問題なんです。
だって若い頃はいくら寝る前に水を飲んで
も夜中目覚めなかったですよね。

《睡眠妨害に?》

夜の尿意は不思議。
最初は1~2回ですみますが、
だんだん回数が増えてきます。
ひどくなってくると
「一時間に一回起きてしまう」なんて事も・・

そこまで進むと睡眠障害から疲労、
免疫低下、自律神経失調などの原因に
なる場合もあります。
特に冬場に回数が増えるのが一般的、
膀胱の許容量が小さくなります。
でもそれ以上に大事なことは
「夜間多尿は老化現象の一つで
 病院ではお薬が出ない」 って事。


睡眠薬が出る場合もあるかも
しれませんが・・・
なんか違いますよね?

《原因を除きましょう》

昼間の頻尿(頻繁にトイレに行きたくなる)
は結構複雑です。
膀胱は尿意を脳に向かって信号を送ります。
「たまってきましたよ~~」って感じです。

その信号を送っている膀胱が神経質で
あったり、妊娠、子宮の病気などで膀胱を
圧迫していたりと、原因は複雑。

ですのでしっかりと分析して治療方針を
組み立てていきます。

《治療出来るの?》

夜間多尿も昼間の頻尿も凄くご相談が多いです。
  それだけお悩みの方が多いんですね。。
  この2つの治療は似ているようでまったくの別物、
  細やかな分析で対応していくことになります。
  「多尿だからハイこれで」という具合には中々
  いきません。
  でも漢方薬の得意分野のひとつではないかなと
  思います。

                お気軽にお電話下さい。
 

【 夜間多尿  】


よろこびの声頂いてます

S、S様 32歳 専業主婦
お悩み      夜の頻繁な尿意 3~4回
           咳をすると軽い尿漏れ

今年の11月に入った時期からの話です。
急に夜に何度も尿意で目覚める日が続
き、困っていました。実は以前から「セキを
すると軽く尿が漏れる」といった症状で悩
んでいたのです。もしかするとそれと関係
あるのかなと思っていました。
特に寝る前に水分をとって寝るわけでも無
く、不思議でした。
相談に行くと「腎臓を元気にしましょう」との
お答え。「老化や冷え性も関係してます」と
も言われました。
「33歳で老化?」とよく分からないまま
2種類の保健薬を飲み始めました。
私、正直びっくりしました。
二週間も経たないうちに夜、尿意で目
覚める事は無くなりました。
相談員さんに言われて気付いたのです
が、夕方になるとブーツがキツクなるのも
無くなりました。浮腫んでいたみたいです。
腎臓って元気になるのね なんて考えなが
らその保健薬は継続しています。
腰の冷えも減ったような気もします。
有難うございました。

「継続して膀胱の冷えが解消すると
 セキからの尿漏れも減るらしい」との事
期待して続けます。

保健薬  1ヶ月分のコスト
                 14,160円  
                現在も継続中

   

【 夜間の頻尿 高血圧 】


健康相談レポート

T、M様  56歳 男性 

お悩み 高血圧 手のしびれ 夜間の頻尿
 
 病院で降圧剤は処方されているが、血圧が安定 
しないというお悩みからのご相談。
高血圧ぎみの時期から手のしびれも発生。病院で
ビタミンB12が処方されるが治らないとの事。   
降圧剤使用にもかかわらず、上の血圧165-下
100。前立腺肥大有り。昼間一時間おきに尿意
があり、残尿感にもお困りの様子。夜の尿の回数
も多く、4回ぐらい目覚められるとのこと。
「夜間多尿」により睡眠が浅く、次の日に疲れが残
りやすく、神経疲労が発生する事も考えられます。


血液循環を良くする生薬と腎を改善する漢方薬
を服用。 併用する事で尿の産生をも助けます。

体格が良く、がっちりした温和な男性。
服用後現在約半年間、手のしびれは改善。

最近は残尿感も気にならなくなり、さらに眼精疲
労も改善され朝の新聞も見やすくなったそうです。
夜間多尿も徐々に回数が減り、お喜びの様子。
血圧も正常値で安定しており、ご飯もつい食べす
ぎてしまうということで、少し太ったかも?と気
にされていたので、食事に少し気をつけるように
お話させていただきました。
適正体重を維持することは、血圧の安定や循環
器障害、特に心肥大の予防として重要なことです。
これから冬場、みかんのおいしい季節です。カロ
リーを考えて果物の食べすぎには注意しましょう。

         1ヶ月の漢方薬コスト  19,730円
          血圧が安定してから 12,530円

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP