花粉症解消の秘訣について

【 花粉症対策 】



花粉症ってほんとツライですね・・
実は私も以前、花粉症で困っていました。
春先の暖かくなる時期
「さあ アウトドアでもいくか~」
って良い季節がやってくるとと同時に鼻ジュ
ルジュル 目かゆいっ」て、、花粉症。
一気に外出する気が失せるものです。
しかもコンタクトレンズですので、簡単に目
を洗うわけにもいかずほんと大変だった覚えがあります。
最近は常にマスクをつける方がすごく増えましたよね。。
花粉や黄砂といった「異物」に対して人類は
非常に敏感な生物になってきているのでしょうか。

《花粉症って?》

花粉症が発生する仕組みは少しやっかいです。
「アレルギー」という自己免疫疾患、すなわち自
分の体が自分で悪さしてるわけですね。
元々は体を守るシステムなんですが、
なぜかシステムが壊れちゃってます。
第一型アレルギーですね、ちなみにアレル
ギーってリウマチや悪性貧血などもふくみ第
1~5まで5種類に分けられます。
 まず病院、薬局の「花粉症のお薬」。
主に二種類あります。抗ヒスタミン剤と抗ア
レルギー剤、抗ヒスタミン剤がまず使用され
ますが、、   かなり眠い!
個人差はあるのですが、仕事、お勉強で忙
しい方には少し過酷かも。

《種類色々有りますね》

鼻づまり、鼻水ダラダラによく使用される
「PPA」って成分も有名ですね。
薬局の鼻炎薬の80%ぐらいには入ってる
成分ではないでしょうか、
「塩酸フェニルプロパノールアミン」
っていいます。
これも結構よく効きますが、副作用問題か
ら一気にお店から無くなりましたね。
副作用の内容は「脳出血」などなどコワイ~
とまあ色々新薬、合成薬は有るんですが
共通しているのが、「その場しのぎ」って事。
飲んでいる時は効いてますが、切れてくる
と元通り。要するに花粉症は「治らない」っ
て言われる訳です。

《その場しのぎ・・》

とにかく「その場しのぎ」でよいなら毎回
合成薬飲めばいいかもしれませんが、、
眠いし副作用あるし結構効き目出ない方
も多いですよね。
私もそうでしたが、漢方薬で花粉症体質改
善って結構いいですよ~。
漢方って時間かかるんじゃ・・?
って思われてる方も多いと思いますが、
そんなこと無し。早い方ではほんと2~3日
で症状軽減って方もざらにおられますよ。
最初は病院や薬局のお薬と同時に使って
効果出しといて、その後、漢方だけでジワ
ジワ体質改善してるって方も多いです。
もし1度チャレンジしてみよって方、
今年の春こそは花粉症予防したいって方
はお電話下さいね。
             お気軽にどうぞ^^

【 花粉症 目の充血 】


よろこびの声頂いてます

女性 28歳 事務員さん お悩み 花粉症、目の充血、円形脱毛症

毎年5月~秋にかけて花粉症が出て、ず
っと鼻水、目のカユミに悩んでいました。
病院では「ひのき、ぶたくさ、」に反応して
いるのではないかと言われてました。しか
し一年中なんらかの反応が目や鼻に出て
おり、ずっとムズムズが気になります。
自分ではアレルギー体質から年中ハウス
ダストに反応しているのではないかと思っ
ていました。電気工事会社の事務仕事をし
ていますので、鼻炎薬で眠くなってしまうと
仕事に差し支えますし、ピーク時は鼻炎薬
を飲んでいても「目やに」や「目の充血」が
ひどく困っていました。
そこで生薬を合わして頂き、飲み始める事
になりました。香菊花というハーブティーと
衛益顆粒、神経疲労を和らげる漢方薬の
3種類です。
飲み始めてからはジワジワ効果が分かり
ました、二週間前後だったと思います。今
ではほんとにアレルギー反応がほとんど
出なくなりましたし、仕事のストレスも大き
いのか、年に一回は繰り返していた円形
脱毛症も最近出なくなってます。しかも毎
年春、秋には必ず風邪をひいていたので
すが今年はひかなかった事から、免疫って
大切だなと実感しました。
     
     1ヶ月分の漢方薬コスト 9,640円
ピーク時(花粉が沢山飛ぶ、ひどい時期)
                   19,280円


【 副鼻腔炎と花粉症 】


O・T様  43歳 女性 副鼻腔炎 花粉症 

 若い時からひどい花粉症をお持ちで、30代
の頃から、副鼻腔炎になりずっと耳鼻科にかか
っている方のご相談。

 2003年の冬から抗生物質を1年間飲み続け、
とうとう肝機能の数値が上がってしまい、食欲
も気力も出ずに困ったご様子でご主人様とご来
店されました。

 最近では耳鳴りがひどく、大きな病気ではな
いかと不安で不安で、1日でいいからゆっくり
眠りたいと深刻なお悩みでした。
 特に、冬から春にかけてはひどく、風邪薬、
鼻炎薬、炎症止め、抗生物質・・と何も薬を飲
まない日はないくらい、すっきりできることは
ないとのこと。

 まず、食事の偏りがあったので、バランスよ
く栄養がとれるようなサプリメントと、鼻の炎
症と痰をおさえる漢方薬と、低下した免疫力を
持ち上げる自然薬を1ヶ月服用してもらいまし
た。

 最初はとても不安げな印象だった奥様でした
が、1ヶ月たってご来店された時は顔色も良く
少し気分がよさそうな感じでほっとしました。
 「少し副鼻腔炎の炎症がましかな」とのこと。
食欲も出てきたので、そんなに寝込むことはな
くなったとのこと。

 炎症が治まってきたので、炎症をしずめる漢
方薬をはずし、サプリメントと自然薬だけでご
継続されました。あれから1年たちますが、副
鼻腔炎が一度も出ずに、風邪もひかなくなった
と喜んでおられます。
 
 花粉シーズンの2ヶ月ほど前からは粘膜を強
くする漢方薬を足して、毎年鼻炎薬なしで乗り
越えておられます。「大好きなお菓子をがんば
ってがまんした甲斐があったわ」と今では食事
の大切さもわかって頂けたご様子です。

  1ヶ月分漢方薬コスト 炎症期 23.839円
              安静期 12.834円

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP