動悸の対策について

《 ドキドキしますか?》

心臓、左胸の部分がドキドキする事は一般的に「動悸」
と呼ばれます。好きな人に会う前、会社の大切な商談
の前なども「動悸」がしますね。 誰でも一度は経験が
有る症状です。人間らしい大切な反応と言えます。
しかし、このサイトで問題とする動悸とは病的な動悸。

すなわち「特別な状態では無いはずなのに、自分の鼓動
(こどう)が不快に感じる」又は「近頃日常的にストレスを
感じてそのストレスから自分の感情が普段とは違った状
態で続いてしまい、頻繁に自分の鼓動が気になってしか
たがない事が更にストレスとなり更にドキドキと悪循環」
という状態です。 本当につらい症状ですね。


《どうしましょう?》

その動悸から脱出する為にはどういう手段が有るでの
しょう?まず大切な事は「環境をストレスの無い環境」に
する事が大切です。 「原因」を取り除くわけですね。
しかし「会社を辞める・・?」「上司をかえる・・?」無理な
場合が多いはずです。まして「ご主人が亡くなってから
動悸と不安感が発生した」という場合はどうしようもあり
ません。では環境を変えられない場合を考えてみましょう。


《病院にて?》

病院に行ってみた方も多いはずです。しかしほとんどの
方は医者にこう言われます。「心電図も問題ないですねぇ、
少し不整脈のような物も有りますが命には危険も無く、薬
を出すほどの事も無いでしょう。なんなら安定剤でも処方
しときましょうか?」 安定剤や抗不安薬でその場しのぎ
もいいかもしれませんが、一生服用する訳にもいきません
し、それで動悸が完治するとも思えません。
原因を無視した「その場しのぎ」では、これからの長い一生
涯お世話になる体が可愛そうだと思います。

安定剤の記事


《ではどうすれば・・?》

では動悸を体に害無く、素早く改善する方法を考えて
みましょう。まず「自分のリラックスできる時間」をとって
神経を休めます。ぬる目のお風呂にゆっくりと入る事も
効果的ですし、油物の好きな方は控える事。唐辛子や
ニンニクなどの刺激物も減らして下さい。
それでも治らないなら私達にお任せ下さい。
生薬で神経を休める方法、不安感を改善する方法。
動脈硬化や総コレステロールも考慮しながら、心臓の
負担を減らす方法。 貴方が自然に「調子の良かった頃
の状態」に戻れるように全力でお手伝いさせて頂きます。
それほど改善は難しいものではありませんし、一番大切
な事は、「現在の動悸を自然に解決しておく事が、不整
脈や狭心症、自律神経失調症、不安神経症などの治療
や予防として重要な意味を持つ」という事なんです。

早く貴方が
「最近平凡な毎日、、なにかドキドキする事ないかしらぁ♪」
              と言って頂きたいと心から思います。


動悸の対策と解消法はこちらです。
その他沢山の方々にお喜び頂いております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP