パニック障害対策について

《確かに症状は不安ですが・・》

パニック障害、症候群、と呼ばれるこの症状、
ご存知のように脳が過剰に危険を察知します。
たとえば電車、美容室、歯医者等、もちろん自分
に対して何も危険ではないはずの場所、状況で
いきなり
・イライラ
・不安感
・動悸
・発汗
・ほてり
等の不快な症状が発生。
以前のアナタなら「どうしてそんな事で・・?」
って不思議に思うはずです。


《その不思議はどうして・・?》

その不快な症状は昔から存在していました。
例えば不安神経症とか心臓神経症とか呼ばれて
いたものが現代的に分類されて「パニック障害」と
いう病気がつけられたわけです。
パニック状態・・上手なネーミングですね。

でも結局は自律神経系のトラブル。どんな病名を
つけたところで「坑不安薬」等の精神に作用する
一時抑え程度のお薬しか処方されません。


《なんとか治せないの・・?》

東洋医学の世界でもやはり数千年前から存在する
ポピュラーな症状です。
我々メンタリティ漢方としても本当に多くの方々から
ご相談を受けますが、特に特別な治療をするといった
わけでもなく中医学の基礎に忠実にケアするだけです。

しかしちょっとしたコツがあります。
漢方といっても色々な合わせ方がありますが、
パニック障害には「ハイッ○○○○」なんて合わせ方
では完治は難しく思います。
 
かなり詳しく体質を分析し、細かく分類していきます。
例えば・生理前に発生しやすいパターンには女性ホル
モンの不具合を考慮しながら長期的に安定して発生
しない体質を婦人科的な見地から対策していく、そうい
った細やかなアプローチが必要と思います。
そして自分の本来のホルモン分泌を取り戻すことで、
お薬には頼らずにもとの精神状態に戻って頂くことが
本当の「体質改善」ではないでしょうか。

パニック障害の対策と解消法はこちらです。
その他沢山の方々にお喜び頂いております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP