自律神経失調症解消の秘訣について

【 自律神経失調症対策 】


ストレスと自律神経失調症の関係を考えてみましょう。

一年間の中で春や秋はとってもストレスを受けやすい時期
といわれます。
特に春は人事異動や就職、入学もそうでしょうか、周囲の
人間や環境も変わりやすい時期、又季節の変わり目なんか
も大きな気温の変化によって自律神経は順応を求められます。

気温の変化、環境の変化、ホルモンバランスの変化、あら
ゆる変化を受け続けて歳を重ねながら進化し続ける訳なの
ですが、人間は基本的には「変化」に対して非常に敏感な
生き物のようです。
その変化を重大なストレスとして受け続けてしまい、自律
神経失調症をはじめ心を壊してしまう方が非常に増えてい
ます。
それだけが全ての原因では無いとしても、自殺者数、鬱病
患者数、不登校者数、抗精神薬の国内の使用金額も「うな
ぎのぼり」と増加をたどっています。

 その部分からもストレスを「自分の成長として肥やしに
できる方」と「肉体的ダメージや慢性的な自律神経失調症
状態」に入るケースと二通り存在すると考えられます。

それだけストレスとは人間の自律神経に大きく関与する要
因のひとつなのですね。

ストレスとは「雨」のようなものでしょうか。雨は日常的
なものではありますが、やはり誰もが晴天を好み、雨が大
好きな方は少数でしょう。
雨は体を濡らし、体力を消耗させ風邪をひかすことさえあ
ります。その風邪こそが「自律神経失調症」であり、また
重度であれば鬱(うつ)の初期であったりパニック障害で
あったりいわゆる「心の病」でしょう。
更年期と呼ばれる季節は梅雨でしょうか。雨の日々が続き
ます。

 本来人間は雨(ストレス)に耐え、乗り越えるだけの能
力をもっています。少々雨に濡れてもびくともしません。
風邪もひかないでしょう。
逆に雨こそが地を固め、さらなる成長の為の大切な栄養と
もなります。そして新しい芽がでます。
その芽こそが人間のさらなるステップの為の成長点となり、
ぐんぐんと成長させてくれるポイントとなります。
列車に例えると先頭の車両のようなものでしょうか。

しかし、最近では「カサ」をさしっぱなしの方が多く思います。
例えば「安定剤」「抗不安薬」といわれるカサを晴天の日
もさしっぱなし。万が一の雨を恐れカサをたためません。
たまには雨に濡れることも良いかもしれません。大切な栄養
ともなります。

 人生の中で理屈に合わないことや苦労することは多いと
思います。とんでもない不条理に直面することさえ誰もが
経験するはずです。
むしろ理屈に合わない腹立たしいことの方が多いかもしれ
ません。 しかしそのことを「自分の成長の肥やし」にで
きれば最高ではないでしょうか。

 雨に打たれて芽を出す為には適度な酸素と温度が必要です。
その発芽できる条件を揃わせる事が大きな分かれ道だといえます。
適度な運動、頭と目を酷使しない、ある程度楽観的な受け止め、
不条理を受け入れる気力。
たとえば「土」は胃腸であり「適度な温度」は代謝や血行、酸
素は血液など、体質によっては準備が必要かもしれません。

自律神経失調症から身を守り、ストレス社会を生き抜く為に
は毎日の食事や的確な漢方、自然な方法でこつこつと準備す
る事が必要かもしれません。

【 息苦しい、呼吸が苦しい 】


大切な患者様に途中経過のレポートを頂きました。
        (現在、処方後20日目です)
S,O様 45歳
主訴: 動悸 息苦しい 呼吸が苦しい
      時々、チクチクと胸や背中が痛む
      

 父が急逝しました。
葬儀を終え、概ね諸手続きを済ませて職場に戻って, 一週間程度経ったあとから、日中激しい動悸と息苦 しさが始まりました。

父の入院中も軽いドキドキ感と多少の息苦しさ はあったのですが、近所の循環器科を受診したと ころ「心電図や心音に問題はなく、精神的な原因で しょう」と軽い安定剤(デパス)を処方されました。
しかし就寝前に飲んだり飲まなかったりしてやり過 ごしていました。
仕事に戻った直後は、母のことが気になり日に数回メールや電話を する余裕もあったのに、張りつめ切っていた気持ちの糸が切れてしまっ たのか、動悸と息苦しさが一気に激しくなりました。
これまで何でもなかった同僚とのやり取りや、電話、メールにいちいち 強い動悸を覚え、胸の痛みも起こるようになりました。

 息苦しさも取れず、自分の体が自分の意志とは関係なくこんな風に 変わってしまったことに本当に不安を覚えました。
 出勤も心配になり、出勤できても夕方まで椅子に座っていられないの ではないかという焦燥感も増しました。
 又横になっていると多少楽なため病欠の回数も増え始めました。

 このままではいけないと職場近くの心療内科も受診しましたが、 新たな薬を4種類出され、薬の説明書きを読むうち副作用などが心配になり、 とても飲む気持ちにはなれず、かえってマイナスになってしまいました。
夜もなかなか眠れないようになり始めました。

 そんな不安な日々を過ごしている時こちらの薬局に行き当たりました。 直接来店して相談できる距離でない分最初は正直躊躇しましたが、 私にとても良く似た症状の皆さんが改善したという症例を読み、また 漢方の安全性という面にも安心感を覚え、思い切って受話器を取りました。

 問診表を返信した翌日ご連絡をいただき、原因は自律神経のバランスの 崩れであることを分かりやすく説明してくださり、実は同じような不安をかかえた 方々がとても多いことも教えてくださり、そして「きっと改善していけると思うので 休職したりしないで」と励ましてくださいました。
早速漢方を処方していただくことにし、翌々日にはすぐに飲み始めました。

 一週間でまず息苦しさが軽減され始めました。
漢方は時間がかかると思っていたので、本当にこれは嬉しい驚きでした。 息苦しさが取れたことが、どれほど大きな不安解消になったか分かりません。

まだ飲み始めて20日ですが、動悸も日一日と軽くなってきており、日常業務も 通常どおり行うことができています。
夕方飲んでいたデパスも必要なくなりました。
胃腸が普通の人より過敏らしく調整のご相談も続けていますが、その都度 丁寧に対応していただき、それもとても安心です。

 これからは、動悸の治療と合わせて不眠も導入剤なしで解消していけるよう、 あせらず引き続きこちらで相談を続けていきたいと思っています。
 
      1ヶ月の漢方薬のコスト 19,200円(朝昼2回)

【 のぼせる パニック障害 】


大切な患者様から喜びのメールを頂きました^^

S,A様
のぼせる、パニック障害、自律神経失調症
 
私は現在31歳ですが、自覚症状がでたのは18歳頃からです。
その症状とは極度の、のぼせ症状です。最初は顔が真っ赤になる ので皮膚病かと思い何年も皮膚科に通いました。
温度変化に敏感で、冬場に症状が悪化する事もあり職業を変えた りしてしのいでました。
ストレスや疲れにも反応するなと気づいてはいたのですが、この 時点ではまだ原因が分かりませんでした。
私の場合はゆっくり寝ると症状が軽減されるので、それからも騙 し騙しやってきたのですが、27歳の夏に極度ののぼせを感じ気 分まで悪くなり、電車内でパニックになりました。
 

 これは、さすがにおかしい!皮膚だけではなく、頭もボーっと してるし、気分も落ち着かない、と気づき自律神経失調症ではな いかと思い心療内科の門を叩きました。
(この病名にたどりつくまでにかなりの時間とお金を用してます。
 精神科にいけとかいわれたりもしました)
 その心療内科で安定剤を頂きましたが、冬場にでるのぼせはあい かわらず無くならず苦しい日々を送ってました。
のぼせとはみなさんが思ってる以上にしんどいのです。
お風呂上りの様なのぼせた状態が突発的に表れ、集中力も失われ、 顔も真っ赤、軽いパニックになります。
 そこで、必ず直したいと思いパソコンで(のぼせ)を検索をし ていて「中村薬局」に2年ほど前に出会いました。
まずホームページに書いてある症状が事細かく書いてあり、 「うーん!わかってるわ!ここわ!」と思いました。
いままで10年近くをかけて解読してきた自分ののぼせの症状が ここまで正確に書かれてるとうれしかったのです。
さっそく電話して話しをするともっとわかっていてくれていて感動! なんとか少しでも良くなるようにと身を預けてみました。
正直、最初頂いた薬は効果がありませんでした。
それを伝えるとすぐに次の対応を考えてくれ、違う角度での治療、 薬を処方してくれました。
この繰り返しで体にあった薬と量をついに探しだしてくれました。
完治したとはいえませんが、苦しみが何十分の一にも軽減されまし た。こんなうれしい事はありませんでした。

西洋医学では軽視されてきた症状を真剣に聞いてくれて軽くしてく れました。 今では医者よりも頼りにしています。
東洋医学の見る目も変わりました。
これで保健がきけば言うこともないのですが、それはこれからの課 題でしょうし私にとってはこれまでに掛けてきたお金の何百分の一 で効果があったのですから問題はないです。

これからも体質を改善していき、根本治療をしていきたいです。

  1ヶ月分の生薬コスト 18,000円前後で処方を毎月調節

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP