自律神経失調症対策について

ストレスと自律神経失調症の関係を考えてみましょう。

一年間の中で春や秋はとってもストレスを受けやすい時期
といわれます。
特に春は人事異動や就職、入学もそうでしょうか、周囲の
人間や環境も変わりやすい時期、又季節の変わり目なんか
も大きな気温の変化によって自律神経は順応を求められます。

気温の変化、環境の変化、ホルモンバランスの変化、あら
ゆる変化を受け続けて歳を重ねながら進化し続ける訳なの
ですが、人間は基本的には「変化」に対して非常に敏感な
生き物のようです。
その変化を重大なストレスとして受け続けてしまい、自律
神経失調症をはじめ心を壊してしまう方が非常に増えてい
ます。
それだけが全ての原因では無いとしても、自殺者数、鬱病
患者数、不登校者数、抗精神薬の国内の使用金額も「うな
ぎのぼり」と増加をたどっています。

 その部分からもストレスを「自分の成長として肥やしに
できる方」と「肉体的ダメージや慢性的な自律神経失調症
状態」に入るケースと二通り存在すると考えられます。

それだけストレスとは人間の自律神経に大きく関与する要
因のひとつなのですね。

ストレスとは「雨」のようなものでしょうか。雨は日常的
なものではありますが、やはり誰もが晴天を好み、雨が大
好きな方は少数でしょう。
雨は体を濡らし、体力を消耗させ風邪をひかすことさえあ
ります。その風邪こそが「自律神経失調症」であり、また
重度であれば鬱(うつ)の初期であったりパニック障害で
あったりいわゆる「心の病」でしょう。
更年期と呼ばれる季節は梅雨でしょうか。雨の日々が続き
ます。

 本来人間は雨(ストレス)に耐え、乗り越えるだけの能
力をもっています。少々雨に濡れてもびくともしません。
風邪もひかないでしょう。
逆に雨こそが地を固め、さらなる成長の為の大切な栄養と
もなります。そして新しい芽がでます。
その芽こそが人間のさらなるステップの為の成長点となり、
ぐんぐんと成長させてくれるポイントとなります。
列車に例えると先頭の車両のようなものでしょうか。

しかし、最近では「カサ」をさしっぱなしの方が多く思います。
例えば「安定剤」「抗不安薬」といわれるカサを晴天の日
もさしっぱなし。万が一の雨を恐れカサをたためません。
たまには雨に濡れることも良いかもしれません。大切な栄養
ともなります。

 人生の中で理屈に合わないことや苦労することは多いと
思います。とんでもない不条理に直面することさえ誰もが
経験するはずです。
むしろ理屈に合わない腹立たしいことの方が多いかもしれ
ません。 しかしそのことを「自分の成長の肥やし」にで
きれば最高ではないでしょうか。

 雨に打たれて芽を出す為には適度な酸素と温度が必要です。
その発芽できる条件を揃わせる事が大きな分かれ道だといえます。
適度な運動、頭と目を酷使しない、ある程度楽観的な受け止め、
不条理を受け入れる気力。
たとえば「土」は胃腸であり「適度な温度」は代謝や血行、酸
素は血液など、体質によっては準備が必要かもしれません。

自律神経失調症から身を守り、ストレス社会を生き抜く為に
は毎日の食事や的確な漢方、自然な方法でこつこつと準備す
る事が必要かもしれません。

自律神経失調症の対策と解消法はこちらです。
その他沢山の方々にお喜び頂いております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP