不安感の対策について

《不安な思い》


不安な思い、不安感。
誰にでもある事ですね、ちょっとした環境の
変化、身の回りの出来事などでおこる、
ちょっとした不安。それも人間的ですね。
不安感って動物に無い、人間だけのもので
しょうか。。その感情は大切かもしれません
が、問題はその不安が過剰に脳を支配して
しまう。それがツラく感じる方が多いんです。

《脳を支配?》

脳を支配する、と言うと少し大げさに感じる
かもしれません。
しかし実際私が相談を受ける方の中には、

「不安で不安でいてもたってもいられない」
「不安から家内がお風呂に入りません」
「不安感を治したいのですが、薬を飲むのも
 不安なんです・・」
とおっしゃる方がおられます。
病院では「自律神経失調」「不安神経症」な
どといって「抗不安薬」というものが処方され
たりします。
たしかに一時的には不安感が改善する方も
おられます。
でも重要なのは「一時押さえ」という事です。
「抗不安薬(トランキライザー類)」は
睡眠薬などと同類の精神に作用させるお薬、
乱用されているのが現状ですね。

安定剤の記事


《体質の問題は?》

確かに一時押さえも大切かもしれません。
しかし実際、そういった強力なお薬を使用
しなくとも自然に不安感が消えていく方が
沢山おられます。
精神薬に頼らず体質を少しづつ健康だった
時期に戻す。
それが一番ですね。
しかも不安感を持っている方は、不眠や
動悸などを併発する場合もかなり多いです。
不安だけを無理に取り除いても、動悸や
めまいは残ってしまう、それで健康の為と
いえるのでしょうか?

《原因を考える》

不安の原因を考えてみましょう。
心の問題であってコントロール出来るもの
でないと思わないで下さい。
漢方薬の世界でも「養心安神」といった
生薬が存在します。
不安を引き起こす要素の一つとしての
「心(こころ)を潤おせない」
といった場合に使用します。

簡単に言えば人間が本来持っている
「心を潤おすための物質」を
正常な量に増やす、
といった方法なんです。

《不安に負けるな!》

デリケートな方、繊細な人、不安な方
の気の持ちようが悪いのでは有りません。
体質的に不安をしずめる為の物質が
なんらかの原因で不足している。
それだけの事なんです。

原因は、貧血、胃腸虚弱、低血圧、
栄養不良などいろいろみなさん違います。

今、大切な事は、あなたの不安の原因を
しっかり分析して少し時間はかかるかもし
れないですが、前向きに体質を変えるため
の治療をする事なんです。
そしてもっともっと強い神経の持ち主に
なって下さい。

原因は環境や人間関係などかも
しれません。しかしそのぐらいの不安材料
は吹き飛ばす!
そんな方も沢山おられますね。

漢方薬で脳の大事な物質を取り戻し
以前のような快調な気分になってほしいと
心から思います。

不安でお悩みの方はお気軽にお電話下さい。

     少しでもお役に立てると思います。

不安感の対策と解消法はこちらです。
その他沢山の方々にお喜び頂いております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP