口臭解消の秘訣について

【 口臭予防 】


《日本人の口臭がどうして治らないのか》


口臭の悩み、それは本人にしか分からない
日常生活を脅かす状態ですね。
でも日本人のほとんどの方の口臭が治りません。

~まず歯医者さんにて~
「虫歯からの口臭でしょうか?」
「そうですね、一応治療しときましょうね」
「治療すれば口臭治りますか?」
「そうですね、腐食しにくいセラミックにしときましょうね」
~治療後~
「まだ口臭が気になるのですが・・」
「う~~ん・・ 歯槽膿漏の疑いもありますね」
「歯槽膿漏・・?まだ28歳ですが・・?」 
「あちらで歯磨き指導しますのでどうぞ、、ハイ次の方~」


《では口臭外来?》
  

~口臭外来にて~
「口臭測定器でチェックしますね」
「はい、お願いします」
「揮発性硫黄ガスの濃度は低いですね、問題無し」
「しかし口臭、他臭とも気になるんですが・・」
「気のせいでしょう、良い精神科を紹介しますね」
そして歯磨き指導と舌苔を磨く指導を受けます。

次は胃腸科、耳鼻咽喉科、呼吸器科、とたらいまわし。
しかしどこに行っても「治療の必要無し」と言われます。


《結局治らない?》


現代医学の口臭についての研究、学説ではまず無理
でしょう。 インターネットで調べてみても「口腔内のプ
ラークに繁殖する細菌群がナンチャラカンチャラ・・」
理屈はどうでもいいですよね。
だいたい舌苔を剥がしてどうするんでしょうか・・
対症療法にさえもなりません。
舌苔は結果です。口臭も結果。原因は体内ですね。
だいたい「ニンニク」食べ過ぎたからといって、血が出
るほど歯磨きして口臭消えますか?  
みなさん「無理」だとお分かりだと思います。
だって口腔内の問題では無いですよね?多少の菌が
あろうがガスがあろうが関係ないわけです。
そのくらいの異臭を消す能力は人間の口腔にはそな
えられてるはずです。


《どうすれば治る?》


東洋医学では古くから治療方法は存在します。
「体内の湿熱」「熱」が問題の方が多く思います。
「自分で気になるだけの自律神経の問題では?」
そこがポイントです。まず口臭を訴える方の殆どは
たしかに神経質かもしれません。しかし正常範囲
の神経質さの場合が多いと仮定します。
その「口臭が気になる」という精神状態が「湿熱」
をつくりだし、「湿熱」が口臭や胃炎を発生。同時
につくり出された「湿熱」が自律神経の過敏を助長、
口臭も悪化する。そういったシステムです。
ちなみに「口臭」「胃炎」「口が苦い」は同原因です。
結果として同時治療となります。

「そんな理論はどうでもいいから、とにかく口臭を
すばやく治したい」という方、お気軽にお電話下さい。  


   

【 口臭 胃炎 】


N・N様 40歳 女性  
お悩み 口臭 慢性胃炎


 10年前から口臭が気になって、人と話す
と動悸、顔のぼせ、顔発汗がひどく、とに
かく何とかしてほしいとのことでご相談。
 
 病院では慢性胃炎と診断され、胃薬が出
されるだけで年々ひどくなる一方。
アルコールは飲まないのに肝機能の数値
が高く、眼精疲労からくる吐気、口の粘り、
のどの渇きを訴えておられました。
口臭からもお母さん同士の会話や買い物先
での会話でさえ怖く誰にも相談できずに悩ん
でおられたご様子でした。

 
 まず、食事で刺激物は控えて頂き(コーヒ
ー、脂っこい物、甘いジュース等)そして自律
神経の疲労からくる内臓機能低下を改善し、
体に溜まった老廃物を排出できるように漢方
薬を合わせて服用していただきました。

 上品な話し方で、穏やかな奥様で「少しで
も改善できたら」と、一生懸命食生活に気を
使っていただいた甲斐もあり、服用して1ヶ
月半経った頃にはすごく胃炎も快調との事。
勿論口臭も気になりませんし、「口臭が人
に気にされてないと思える自信もついた」
と喜んでおられました。

 同時に顔ののぼせ、発汗もなくなり、外
出先でペットボトルが手放せないほど口が
かわいていたのもなくなりました。

 「たまに気をぬいてコーヒーを3,4杯飲む
と少し胃炎が出てきます」と笑って話せるほ
どに元気を取り戻されたご様子です。 
「もっと早く相談すればよかった」と、大変う
れしいお言葉を頂きました。

一ヶ月の漢方薬コスト 14.340円

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP