めまい解消の秘訣について

【 めまい対策 】


《症状がストレスに》


めまいはとても身近な症状で誰でも一度は
体験が有るものです。 結構いやな感覚で
すよね?現実世界と遮断される瞬間は他の
症状とは一味違う格別なものです。
めまいのしくみについては次で書きますが、
快適な生活をしていく上でめまいの心配が
日々のストレスとなってしまって消極的な日
常に繋がってしまう。それが一番重要で、
心配な部分です。このサイトのテーマ「精
神的にも快適な日常生活」を脅かす大きな
ファクターなんです。

《ピンからキリまで》

めまい、ふらつきには沢山の種類が有りま
すが大きく分けて末梢性と中枢性の二種
類に分けられます。
有名なメニエール病なんかは末梢性で、
ほとんどが吐き気をともないグルグル回る
のが一般的です。中枢性の物は、脳に原
因がある場合が多く、脳の血流不良やて
んかんなどですね。病名は病院での診断
が基本ですが、通院していても治らない、
完治しない方が多いんです。通院していて
も慢性化してしまって、めまいの不安がつ
きまとう、そんな方々の為に東洋医学が力
を発揮します。

《人それぞれ》

低血圧、貧血でも起こりますね。よく朝礼で
倒れてる同級生を見た事有ると思います。
上の血圧は100以上、血液検査でも貧血
といわれない、そんな方でも貧血治療の生
薬で良くなる場合も有ります。自律神経が
原因の場合や、心臓の力が原因の場合な
ど本当に沢山の原因があります。ポイントは
体の偏りがその他の症状として普段必ずシ
グナルを送っています。めまいと一緒に頭痛
が発生、そんなシグナルから体質を分析し
て、漢方を使ってきっちり完治させる。そん
なノウハウが有ります。

《基本はストレス》

めまい、ふらつきに共通しているのは大体
がストレスが引き金となる場合が多いという
事です。メニエル病でさえそういわれており
ますし。てんかん発作や脳梗塞系のめまい
もそう言えます。本当にストレスは体に色々
な症状を発生させます。まれに脳腫瘍など
の脳血管系のめまいで命に関わるものも有
りますので、手足のしびれや、舌のもつれな
どが有る場合はまず精密検査を受ける必要
があります。

《快適です》

精密検査はしたが慢性化している、
治りきらない、そんなめまいは一度自分の
体質をしっかり分析して、
東洋医学的な考えをもとに治療してみる、
それで案外簡単に完治される方も多々あ
ります。勿論体質の偏りを建て直しますの
で、その他の症状も同時に改善させる事
も可能です。
そして今度友達に「旅行にでも行こう」って
誘われた時には、めまいの心配や不安無
しに気持ちよくどこにでも行ける、
そんな体質を普段からつくりましょう。
漢方でなんとかしたいって方はお気軽に
お電話くださいね。 

             

【 ふらつき 】


健康相談レポート

F・W様 80歳 男性 

お悩み めまい、ふらつき

 二年前から、めまい、ふらつきがおこるよ
うになり、特に、夕方疲れてくると顔が火照
り、ふらつきがひどくなる。

 細かい字を読む際の、眼精疲労からくる頭
痛、同時に、夜尿にも悩まされており、夜中
に2、3回起きるため毎日疲れが抜けない。
 ふらつきがひどい為、外出するのもためら
い、一人では病院も行けないとのこと。
著名な脳神経外科にも通うが、MRIも特に問題
無しであり、実質治療方法は無いとの事。

 脳に行く血液量と酸素量を増やし、めまい
、ふらつきを予防する漢方薬と、ストレス性
の血管収縮をやわらげ、血液循環を良くする
漢方薬を処方し、足腰を丈夫にする生薬も欲
しいとのことで、一緒に服用してもらうよう
にした。
 
 80歳とは思えないほど大柄で体格の良い
方で、いつまでも健康でいたい!という思い
が強く、健康に取り組む熱心さにはいつも感
心させられます。
 
 二ヶ月経った今では、めまいも無く、ふら
つきもほとんど改善、夜尿の回数も減ったた
め、ゆっくりと睡眠をとることができるよう
になったとのこと。
 おっくうだった外出も、今では奥様のお買
い物にもついて行かれるほど元気になって、
喜んでおられました。 
健康維持の為、現在も継続中。

    1ヶ月の漢方薬コスト  22.945円

【 吐き気  】


よろこびの声頂いてます

N,T様 女性 42歳

お悩み 吐き気 めまい

春先、朝起きたら突然吐き気、そして天井
がグルグルまわって4日間ほど寝込んでし
まいました。病院で点滴を打ってもらい、め
まいのお薬が処方されました。それから寝
込むほどのめまいは有りませんが、めまい
を引き金にどんどん体調が悪化し、肩こ
り、不眠、眠りも浅い、耳鳴り、口苦、頭が
しびれるなどの不快な症状に悩まされまし
た。病院で相談しても「更年期でしょうね」
との返答だけで不安でした。めまいも完全
には治らずに、常時フラフラした感じが残っ
ていました。漢方相談しかないかと思い、
お話をしてみると、「胃腸機能が弱いのに
水分を取りすぎていて、その水分が三半
規管の障害などの原因になっています」と
言われました。そういえば健康の為と思っ
て、寝る前に水分をたっぷり取っていたん
です。さっそく漢方を飲み始め、水分を取る
量を意識して減らしてみました。ふらつき
は3週間ほどで完全に無くなりました。
それと共に口が苦い、肩こり、耳鳴りも軽
減、不眠用の安定剤はまだ一緒に服用し
てはいますが、夢が多くてねむりが浅かっ
た感じが無くなりました。今ではめまいの
漢方を中止して、以前から気になっていた
味覚障害の為に保健食品を毎日服用して
います。説明ではそれだけでもめまいの
予防になるとの事。
中国漢方のおかげでなんとか更年期を乗
り越える事が出来そうです。

    1ヶ月分の漢方薬コスト 16,180円
 調子良くなってからの保健薬
              2ヶ月分 14,800円

【 めまい 耳鳴り 】


I・E様 65歳 女性 

お悩み めまい、吐気、耳鳴り

 突然めまい、吐気に襲われてから、10年余り経つが
すっきり治りきらないとご相談。調子のいい時もあるが
一旦、調子が崩れると何ヶ月も寝込んだ状態になる。

 特に眼精疲労がひどい時にめまいが起こりそうな予感
がひどくなるとのこと。常に目がくしゃくしゃし、目の
奥が痛く、肩こりにも悩まされておられました。

 めまいが起こる前後は、耳鳴り、耳の閉塞感、右手の
しびれがひどくなるとご自分で分析されていました。

 夜、ちょっと眠りが浅いと、次の日の朝は、吐気がし、
気分がすぐれないとのことで、あちこちの病院、耳鼻科
に通われたが、なかなかすっきりせずに、不安だけが強
くなってきて、あきらめ半分で相談に来たとおっしゃっ
ていました。

 更年期によく見られる、女性ホルモンの減少から、自
律神経が過敏になっているタイプの方で、まずホルモン
の分泌を調節している「腎」の栄養を補う漢方薬と、自
律神経の亢進を和らげる漢方薬を組み合わせて服用。

 読書がご趣味で、知的な感じのご婦人。地域のボラン
ティアにも積極的に参加されているとのこと。

 漢方薬の服用から12日経過した頃、ご本人様から
「2週間も経っていないのに、耳がボーっと詰なるの
がなくなりました。耳鳴りも改善に向かっています。
」とご報告のお電話があり、出だしが順調な感じでし
た。

 1ヶ月経ったころには、気分の悪いめまいの前兆もな
くなり、食事がおいしくて仕方ないととてもお喜びのご
様子。2ヶ月間はきっちり、めまいの治療の漢方薬を服
用されて、3ヶ月目からは、落ち着いてきたようなので、
めまいの予防と、血液循環改善のための漢方薬に減らし
てご継続されておられます。

         一月目の漢方薬コスト 22.255円
     
          3ヶ月目からのコスト 18.235円

自律神経失調症には漢方医学【中医学】を

●寝られないから睡眠薬を・・
●動悸がするから抗不安薬を・・
●イライラするから安定剤で・・
          でもやっぱり・・

「精神に作用する合成医薬品」に頼らずに、自然の生薬
や漢方、サプリメントで「以前の調子の良かった状態」に
戻ってほしい。。    それが我々の理念、願いです。

               スタッフ一同

「不快症状がツライ現状・・なにかいい方法はないのかな?」
「漢方医学で一人でも多くの方に快適な生活を送ってほしい」
そういった思いから運営しております。

自律神経失調症 更年期障害 パニック障害 不安神経症の漢方治療専門店

メンタリティ漢方相談はお気軽に
電話 0743-62-7768 (月~土曜 10時~18時)相談無料
【Q&A】 メンタリティ漢方の詳しくはこちら
をご覧下さい。

osirase.jpg

↑ PAGE TOP